<< フェというシリーズ | main | Tee >>
時間の流れよう

 

 いったいどうしてこんなに幸せな時間が流れるのか、とそう思うのだ。羽鳥さんと玉越さんの間に横たわる時間の流れ方は確かに違う。こんなに素敵な時間の流れようがかつてあったということを、我々はビデオを見る度再確認するということになる。

 

 玉越さんとメキシコへご一緒するということもあって、一連のハトリーズのビデオを再度観ることにして、ほとんど全部のDVDを取り寄せた。いくつかはどこかにあるかもしれないけれど、おそらくそれはVHSだし、一部はうちの工房の火事で焼いてしまっているから。遠征前だし、出荷もあるしで、ドタバタしている最中で、どうにも断片的になってしまうのは否めないのだが、隙をみてちょいちょい。

 

 実を言うとメキシコのロッジにも特有の時間の流れようがある。ハトリーズのビデオを観ていてはたとそう気づいた。それは実に心地よくて、俺なんかは半ば中毒だと言っていい。俺にとってほとんど年に一度のそれは、すべてを巧にリフレッシュしてくれる。それがいよいよ。

 

 それはそうと、例によって少々体調が悪い。そんな素晴らしいところへ行くと言うのに、興奮と緊張で免疫力は低下し、迷惑なことに冬でもないのにどこかで風邪をもらったりするという矛盾をこれまでにも幾度となく。幸いえらくしんどいと言うことは今のところないのだけれど、それにしても困ったものだ。

 

 

 さて、その前に出荷。ORCA FePlugger's Viewの出荷は明日だ。これらを手にする人が、同時に幸せな時間を手にすることが出来ればと、心からそう願う。

| - |
























































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items