<< いつも突然 | main | ロクマル! >>
理想について、ジャンボリーについて

 

 タイミングを決して逃さない、まるで必殺仕事人のような仕事っぷりのマニア谷口から、毎度毎度の投稿が届く。Niva Rantは去年リリースしたWスウィッシャーで、これの少し小さいヴァージョン=Nivazinho Rantがもうじき出るとあっては、その前にこれで1本釣るというのが彼のルーチンである。俺より確かな営業活動にはいつも頭が下がる。一度や二度ならわかるが、これはもう何年越しかわからないくらい継続しているのだから。

 

 Niva Rantはほとんど理想的なWスウィッシャーであると書いたが、ルアーに(あるいはリールにもロッドにも)パーフェクトはないわけで、理想的なNiva Rantの補いたいと思う部分を形にしたと言ってもいいのが、このNivazinho Rantだ。どちらも持っていればさらに理想に近づくと思っていただこう。

 

 理想を思い描くこととパーフェクトは根本的に違う。パーフェクトなんてないし、あったら面白いことは何もない。五十鈴リールの林氏の言葉を借りるなら、そこにあるのは誠実に信念を持って作られているかどうか、である。例えばMade in Chinaと聞くと、頭から粗悪と決めつけてしまう人がいるけれど、そうすることは極めて簡単であるし、愚かしいことである。肝心なのはそこに信念があるかどうか、少し言い方を変えるならスピリッツがあるかどうか。

 

 

 さて、津波ジャンボリーの申し込み締め切り(8/25)まで9日ほどとなった。最近いくらか問い合わせがあったので補足を。

 

 大会(津波トーナメント)に参加するにはボートやカヤックを持ち込む必要があって、それには車で来なくてはならず、遠方から来る場合はこれがちょっと難しい。でも行きたい。電車や飛行機を使って行こうとすると、果たして方法はあるのか?

 

 そこで考えたのが、こっちでボートやカヤックを用意すること。しかし、これはよくよく考えると、キャンプ場からボートやカヤックの上げ下ろしが出来ないので、キャリアの付いた車も必要となる。これもちょっと難しい。

 

 もう一つはレンタルボートを利用すること。琵琶湖ならばレンタルボートはいくらでもあるので、それならばボートの上げ下ろしについて考えなくてもいい。問題なのは駅からキャンプ場までと、それからレンタルボート屋までの移動手段。これにはレンタカーはいかがでしょう?これならキャンプ場に乗り入れて車中泊も出来てしまうから一石二鳥。ボートとレンタカーの手配はセルフということになりますが・・・。ちなみにカヤックを貸してくれるところ(Doit~!←ここなら紹介しますのでお問い合わせを)もあります。

 

 それから持ち込みボートなんだけれども一人なので参加を躊躇してしまっている人もお問い合わせを。一人でジョンボートなら、他にも一人で参加したい人を便乗させてもらうことも出来るし、そうすれば上げ下ろしも楽になります。あるいはそもそも持ち込みボートで一人で参加の人、一人なのでカヤックで参加するけれど、ボートも持っていて誰か便乗してもらっても構わないという人もお知らせいただけると助かります。

 

 なお、トーナメントに参加しない人で、午後からのデイキャンプ&キャンプに参加して展示即売やライブのみを楽しみたい方はこの限りではありません。あ、それでも遠方からの場合はレンタカー利用はいい方法かも。

 

 参加したいと思っている人が一人でも多く参加できますように。ジャンボリーの詳細および申し込み&お問い合わせフォームはこちらhttp://www.tsunami-lures.com/event/jumboree2018.html

| - |
























































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items