<< Plugger's Highって?その2 | main | Plugger's Highって?その4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - |
Plugger's Highって?その3

伊藤桂司氏とのコラボモデルその1。楽しんでいただいているであろうことが凄く嬉しい。そんな雰囲気が滲み出た作品だと思ってます。「伊藤桂司さんは、日本を代表するグラフィックデザイナーであり、京都芸術大学の教授。そのキラ星のような経歴は、ニューヨークADCゴールド・アワード、メリット・アワード、東京ADC賞を受賞等々と枚挙に遑がないのですが、極め付けは「愛知万博EXPO2005世界公式ポスター」のアートワークを手がけたといえば、お解りいただけるでしょうか。他にもテイ・トウワ、スチャダラパー、キリンジ、木村カエラ、クラムボン、井上陽水+奥田民生、宇多田ヒカル等のアルバムジャケットやビデオクリップも手がけており、アート界のビッグマン中のビッグマンなのです!そして同時に滅茶優しい人なのでした。参加してくれたのが未だ信じられない...」イベントプロデューサー談

 

 ブラック・ライヴズ・マターと聞いて、なんじゃそれ?と思ってしまったのは無知な俺。イベントを献身的にプロデュースしてくれている皮腹君がイベントのフライヤーに提案したコピーの一節だ。由来を聞いて膝を打つ。「Black Lives Matter」とは「黒人の命も大切だ」といった意味の近年盛り上がりを見せるアメリカ発の国際的社会運動。イベントに冠されたコピーの場合は、もちろん半ば差別的とも言える扱いを被るブラックバスの命のことを指している。プロデューサーの目の付け所に感心してしまって、すかさず「そりゃいい!」と諸手を挙げて賛成する。

 

伊藤桂司氏とのコラボモデルその2。巨匠の意外な脱力感が逆に凄みを感じさせるのだ。企画に面白みを感じていただいた現れであると思っている。作品に添えられていた手書きの手紙にも恐縮の俺。

 

 そう言えば、何年か前、メキシコのロッジでアメリカ人たちとTVを眺めていたら、白人警官に追われた黒人の、あれは少年だったかが心臓麻痺で亡くなると言う悲劇が報道された。隣にいたアメリカ人(白人ですが)は「またか・・・。酷過ぎる」と嘆いて、周りの仲間も同調するという場面に出くわしたことがある。まことにテリブルな事件で、その報道を生々しく体感したというちょっとした貴重な体験だった。

 

 それと比べるわけにはいかないが、ブラックバスの命だってもちろん大切なわけで、昨今のブラックバスに対する扱いについて考えるという意味で「ブラック・ライヴズ・マター」は全くふさわしいと言っていいと思う。

 

 そんなイベントでコラボレーションしていただいた方の一人である伊藤桂司氏の作品が完成!ハンドペイントされたプラグが届いて、それに俺がコーティングを施してリグを組んだ。冒頭のレインボウカラーのVivoは、アクリルの艶消しの質感をそのまま残したくて、勝手ながら艶消しのコーティングで仕上げ、マーカーの発色のためにベースにホワイトを塗ったというMighty Arrowは逆に艶ありを選択。ぜひ本物を生で見ていただきたいもの。

 

 

 イベントで製作のイノシシはジャンボリーのMighty Arrow 20th CCと同じカラーラインナップ。ご覧のマーブルもある。ただ、マーブルって微妙な状況で変わってしまうので、その都度パターンが変わるのはもちろん、あからさまに雰囲気が変わる。それが面白いところ。イノシシ以外の一点物には、あえて実験的なやり方も試みているので必見。

 

 

 こちら、来場の皆様にプレゼントのCD-Rアルバムもプロデューサー氏とそのお子さんによる詰め込み作業の末、遂に完成をみる。

 

 

 そしてこちらそのプロデューサー作のカクテル=BLACK-BATH。彼曰く「エル・マリアッチでワイルド・バンチかつダブル・ボーダーなスペシャル・カクテル BLACK-BATH (aka 国境に咲く死の華)出来ました!¥500也。飲み過ぎ注意!無駄にコップがエロいんですけど〜」とのこと。

| - |
スポンサーサイト
| - |

SPONSORED LINKS























































ARCHIVES

TOPICS

CATEGORIES



Recent Items